Shopping Cart

Your cart is empty

Continue Shopping

生地の染色について~ウール産地尾州にある工場が解説~

by MOVBVB |

ウールの世界三大産地尾州。

 

そこでは日々毛織物産業を営む工場が

多数存在します。

 

今回は生地の染色について

染色整理加工を生業とする

株式会社ソトーの技術をご紹介します。

 

 

染色整理加工とは

そもそも染色整理加工とは

織物工場で織り上がった生地の

表面についた機械油や汚れを

綺麗に取り除き

指定された色に染め上げたり

生地を掻きだして、けば立たせたりして

物理的、化学的に

生地を仕上げていくことをいいます。

 

 

染色

染色整理加工で行われる染色は

「後染め」と「たん染め」があり

どちらも白い生地を

指定の色に染める作業です。

 

染色は織物繊維の種類などに応じた

温度コントロールが必要です。

 

ポリエステルが含まれる生地は

100度以上の温度がでる高圧機を使い

コットンなどの場合は

温度が100度以下の常圧機を使います。

 

染色液を循環させながら反物を回転させ

厳密な温度コントロールを行いながら

ムラなく生地を染め上げます。

 

世界三大ウール産地の尾州にある、染色整理加工工場の株式会社ソトー。染色整理加工の中でも重要な生地の染色について、長い間ファッションに携わってきたソトーだからできる技術をご紹介。

 

ファッションの原石を磨く染色整理加工。

その中の染色について

今回はご紹介してきました。

もちろん染色の他にも

大切な工程は沢山あります。

 

糸から生地になり加工され

あなたの手に届くまで

衣服は長い旅をしているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの記事もおすすめ↓↓↓↓

 日本人男性は今スーツに何を思う?

 尾州の歴史

 

ウールジャージーブランドMOVB公式サイト

https://movb.jp/